”だべらいぶ”な日常:「発話コメントの仕組み」

TV雑談サービス”だべらいぶ(Dabelive)”に関する今回のトピックは、「コメント収集の仕組み」です。

このサービス、どのようにしてコメントを発話させているのだろうか?

その答えは、「SNS」の力を借りております。


【まとめ】

  • 個人特化したフィルタリングを作るためにはフィードバックが必要
  • SNSコメントでセンスある発話機会の提供
  • SNSコメントは、魅力的であるが、過激すぎるコメントも多々

AIなどによる自動音声コメント生成も技術的には可能なのですが、そこから生み出されるコメントは”機械的”なものが多いと感じられています。

そこで私たちが、注目したのがSNS内にあるコメントです。

SNSでは、人が日頃よく使う冗談や鋭い・面白いツッコミなどのコメントが多く、センスある発話を再現できるという利点の一方、誹謗・中傷などの過激なコメントも多く存在するのがSNS分野での欠点です。

このコメントを用いて、ロボットに発話させるとセンスある(面白い)対話が生成できるのでは?と考えて作られたのが、このDabeliveシステム。